自爪派素人によるネイルブログ。ネイルに限らず好きなものをいろいろ脈絡無く綴っています。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012年夏ネイル
さて2012年夏ネイルの続きです。



オリンピック開幕のころのネイルです。
開催地のロンドンに合わせてイギリス国旗のカラーにしていました。
(イギリス国旗というにはパンチが弱すぎるけど)


そういえばバ ンクーバーの頃にも
こうやって丸ホロを敷き詰めるネイルをしていたのをふと思い出したり。
白はチャイナのWhite Out、丸ホロはすべてnfaです。




このころの夏のイベント(日帰り旅行と花火)をこれで乗り切ったネイル。
これ以外にもいろんな人の目に留まったらしく、好評でした。
ベースはessieのBBFで、シャネルPARTICULIEREとFor Audreyだったかな。



男子体操の床個人を見ながら塗っていたネイルです。
体操の競技場がこういうカラーリングだったんです。
実はこれの前に、同じく体操の競技場っぽくやっていたネイルがありましたが、
気に入らなかったので1日でオフしました。


お色はシャネルのMAYとROSE EXUBERANT、紫はRIMMELです。
色にパンチが効いていてわりと気に入ってたなー。
つるつるで見ていて気持ちが良かったのを覚えています。



8月の終わり頃になると一度はこういうカラーリングがやりたくなります。
おととしくらいに、OPIとスワロでこういうのをやっていた気がする。


色はシャネルのBlue Rebelと同じくシャネルのDelight。
ベースカラーは失念しました。sandy beachだったかな?
結構たっぷり重ねたからつま先は縮んでますね。
ちょっと琳派っぽい色合いでした。(デザインもどことなく月っぽい)


夏ネイル、あと1回ありますので気が向いたらお付き合いくださーい。
お久し振りです!
お久し振りです!またも間が空きましたが、ちょっといろいろなことが変わったり、ついうっかりPCを買い換えたりなんだかんだやっていますが、細々とネイルは塗ったり塗らなかったりしています。

というわけで恒例っぽくこの数ヶ月のネイルです。




6月のネイルです。友達と浴衣会をしたので、帯(画像背景)に合わせた色合いにしました。essie 711 BBF Best BoyfriendをベースにTiNSとtestimoでほわほわっと綿菓子っぽい感じで色を載せています。




iphone画像ですがこれは正直に言うと失敗したネイル。あんまり気に入っていないから、すぐに塗り替えました。赤と青はシャネルかな?白はチャイナグレーズでした。




で、塗り替えたのがこちら。チャイナのFor AudreyとシャネルのBule Boyかな?ざざっとやった割には嫌いじゃない出来です。あんまりネイルのトレンドとかを見ていないなぁ。。。


夏の間のネイル、もうちょっと続きます。
CHANEL LE VERNIS NAIL COLOUR 167 BALLERINA
相当な感じですがお久し振りです。わあほぼ3ヶ月放置…!ひどい!なんてことはなく、
気が向かない→ばっさり短くする→気が向かない→(略)というループにはまっていました。
ようやくちょっと爪も伸びてきてネイルを楽しもうかなという気になったので、
ふらっと戻ってきました。またよろしくお願いします。

それでは今週のネイル。今もこのネイルで過ごしています。




使用ポリ
 CHANEL LE VERNIS NAIL COLOUR 167 BALLERINA (バレリーナ)
 TiNS 088 Miss Photogenic (ミス・フォトジェニック)
スワロ
 ライトアメジスト、クリスタルヴィトレイルライト、クリソライト、プロヴァンスラベンダー、ローズ
(※スワロは多分これっていう色名です)



CHANEL BALLERINAをたっぷり2度塗りしたあとにトップコートを塗って初日は終了。時間がなくて一旦ここでトップコートを重ねています。翌日にTiNS Miss Photogenicでラインを引いて、左手は親指と薬指に、右手は薬指にのみスワロを固めて配置。クリスタルヴィトレイルライトを使うつもりが、両薬指はライトアメジストです。間違えた。大きいのがss12かな。トップコートをさらに2度塗りしたらつるっつるになりました!



こっちの写真の方が質感がわかりやすいかな。ジェルみたいな仕上がりで満足しています。シャネルはやっぱり光沢が出る。高いだけのことはあります。BALLERINAは家族が海外に出る事情があったので免税店で買ってきてもらいました。essie 2010 Wedding Collectionの713 Petal Pinkに似てるんだけど、Petal Pinkよりも青みが少ないお色です。OPI India CollectionのI48 Get Me to The TAJ on Timeにもちょっと似ています。OPIよりはうす付きで抜け感もあるかな。



それから、ここ数ヶ月のログを少々。




2月のネイル。バレンタインのころかな?その前後だと思います。どこかのサロンブログだったか雑誌だったかで見たデザインです。



3月。またばっさり行きました。これはいちばん短いとき。某ブランドのおそらく今季もののラインのオマージュです。下に写ってるのが元ネタです。丸カンを使いたかったけど爪が短すぎたのと、わたしの手持ちの丸カンはゴツイのでスタッズにしました。それにしても恐ろしく短いな。ネタネイルがやりたくてこの週は塗ってたけど、翌週からまたノーネイルでした。



これは先週のネイルです。水色とベージュを使いたくて、ベージュ系のマットカラーがないのでグレージュにしたネイルです。ベージュにしたかったならベースをsandy beachあたりにすれば良かったなとあとから気づきました。
CHANEL LE VERNIS NAIL COLOUR 519 ROSE EXUBERANT
ものすごくシンプルなデザインですが、ここに至るまでに何度オフをしたのか考えたくないくらいです。なんか、どうにもならなかった。



使用ポリ
 essie 711 BBF Best Boyfriend (BBF ベスト・ボーイフレンド)
 CHANEL LE VERNIS NAIL COLOUR 519 ROSE EXUBERANT (ローズ・エグズベラント)
 TiNS 088 Miss Photogenic (ミス・フォトジェニック)


essie BBFを全体に一度塗りして、親指と薬指以外はCHANEL ROSE EXUBERANTでまっすぐ斜めにフレンチ二度塗り。親指と薬指はTiNS Miss Photogenicでこちらも斜めフレンチ二度塗りです。



週末にperfumeのツアーに行ってきました。というわけで、爪先もそれ仕様。アルバムツアーなので、アルバムブックレットの色から、ショッキングピンクをチョイスしました。ちなみに、JPNっていうと緑のイメージですが、今回はどうにも爪先を緑にする気分にはなれなくて、代わりに緑のスカートを着ていました。

ところで、ショッキングピンクにしようって決めたものの、手持ちにこういう強いピンクのポリがなくて愕然としました。ちょうど先週の後半に、既存ヴェルニの色を見ていて理想的な色があるのはわかっていたので、もういいや買ってしまえ!!と。ほんとさあ…。でもこのお色、出た当初も気になっていた色だったはず。買うか悩んだけ去年の秋のシリーズですね。Rose Cacheと同じタイミングで出たお色です。



ショッキングピンクなのに明るい色合いで、ちょっと黄味が出るわたしの手にはすごく映える色です。あーもうさすがだよ。昔、某コスメブランドでこういうショッキングピンクを見ていたこともありますが、それはほんと似合わなかったの。essieのショッキングピンクも青みが強くて手放したけど、これは当たりでした。さすがおシャネルさま。写真は若干暗く写っています。色味は明るいんだけど、派手になりすぎなくて上品なお色です。プロパーでも買ってよかった!
China graze 70577 Ruby Pumps
去年に引き続き今年もRuby Pumpsです。去年は銀だったから今年は金。それにしてもこの二か月で手持ちの赤ポリをすべて出し切りました。シャネルを2本とチャイナを1本。以上でわたしの赤ポリは終わり!



使用ポリ
 essie 711 BBF Best Boyfriend (BBF ベスト・ボーイフレンド)
 essie 641 True Love (トゥルー・ラブ)
 CHANEL LE VERNIS NAIL COLOUR 159 FIRE (ファイア)
 China graze 70577 Ruby Pumps (ルビー・パンプス)
 TiNS 056 the gear-top traveler (ギアトップ・トラベラー)

essie BBF Best Boyfriend(たしかこれ。sandy beachかもしれないけど…)を全体に一度塗りしたあとにessie True Loveをさらに重ねる。Ruby Pumpsは青みが強いのでまずはCHANEL FIREでつま先半分に、その上からChina graze Ruby Pumpsを重ねる。全部一度塗り。中指にのみパーツを配置して、パーツ内をTiNS the gear-top travelerで埋める。フレンチの境界にもTiNS the gear-top travelerでラインを引く。



ベースを2種類使ったことにあんまり意味はありません。なんとなく久し振りにTrue Loveを使おうかな→でもTrue Loveだけでベースを作ると青みが強くなるから下地がほしいって流れだったかな。あと、Ruby Pumpsの青みを防止するためにシャネルを下塗りしていますが、これ、なくても変わらなかった気がする。多めにRuby Pumpsを取っているので、結局この色だけでもよかったんじゃないかなー。若干赤いかもってくらい。しっかり塗ると透けないお色です。左手中指は乾く前に触っちゃってポリがはげたので重ね塗りをしたら色が濃くなった。



それにしても気泡が><ひどすぎる!!びっくりするくらいに気泡が入りまくっています。こういうパーツを使うときってトップコートを重ね塗りしますが、仕方がないのかなー。Ruby Pumpsは奥行きのある赤ラメ。そこにgear-top travelerのゴールド+カラーラメが組み合わさって、見事にぎらぎらした仕上がりです。